home 花とか虫とか おいしそうな?? 果物 お気に入りの景色
お気に入りの景色
  

05.05.04ゴールデンウィークに訪れた奥飛騨
 中尾の温泉外から少し走り、たまたま訪れたまるで北アルプス大橋はアルプスに来たような景色だった。
  

05.09.17新潟 の蓮華温泉に向かう途中の白池

たまたまなのか無風で湖面に写る空が青かった。
  
06.01.07 新島キャンプで八丈島を見ようと訪れた宮塚山。海がまるで絹織物のようだった。
  
06.05.03 東北ツーリングでやって来た下北半島の尻屋崎 寒立馬も有名だかこの辺境感が素晴らしい。端っこにやってきた感満々だ。 

16.12.10たまたま散歩に出た小金井公園 銀杏の落ち葉が素晴らしかった

07.08.13北海道ツーリング 釧路から根室方面に向かう北太平洋シーサイドラインで、厚岸の手前 知方学 からダートを走った先 出会ったのは転がってみたいような優しい景色だった。
07.11.23 山梨の早川町の雨畑から山伏峠を越え井川湖に出たら夕日が紅葉を金色に染めていた。
井川湖 静岡

07.11.23 SLが走る大井鉄道のさらに奥 トロッコが走る奥大井鉄道の奥大井湖上駅 降りる意味が分からない駅だ。

08.07.19 日光から霧降高原道路を走りたどり着く大笹牧場 牧場の中を走る道も気持ちよいが、ゆっくり景色を見るのも爽快だ。

08.08.15道央 上士幌から層雲峡に向かう糠平国道の途中 糠平ダムに沈んだ旧国鉄の遺構タウシュベツ橋梁 水位が下がる時だけ現れる風化の進み丸みを帯びた優しい姿 
08.10.11 奥飛騨と立山を結ぶ有峰林道 動物の棲み処へお邪魔する道の秋 時々熊やカモシカにも出会える

08.10.17 福島の磐梯吾妻スカイラインの浄土平から一切経山に登ること1時間目の前に現れる五色沼 別名魔女の瞳 その美しさは素晴らしい。

08.11.01 山梨の早川町 雨畑から山伏峠に向かう途中に出会った紅葉 優しい色の紅葉が気持ちを和ませる。
09.08.12四国ツーリングで訪れた高知の四国カルスト 牛が放牧されたカルスト地形を走るのも気持ちが良いが風車のある朝焼けの景色は絶品だった。

10.04.17 山梨の早川町の温泉に行くときに寄った富士クラフトパーク、思いがけず満開の桜と芽吹き始めた緑の色に感激
10.06.19北海道 道央の糠平から層雲峡に向かう三国峠から振り返ると原生林の中を走る糠平国道が光っていた。

10.08.12北海道の礼文島 ストコン岬からの眺め 熊笹が絨毯のようだった。 

10.11.06晩秋の南アルプス 一般車両通行止めとなっている南アルプス公園線 広河原までバスで行き歩いて戻る。深い紅葉の色が目を引く

11.01.08伊豆大島キャンプ

日本唯一の砂漠 黒い色の裏砂漠と青い海のコントラストが美しい。

11.04.15山梨の甲府盆地は春になると桃の花が咲きピンク色に染まる。勝沼のメルシャンワインから少し走ったぶどうの丘近くから眺め下す。
11.05.08 仙台の作並温泉 一の坊の露天風呂から見える新緑の広瀬川
11.06.18岩手県の一関から栗駒山に向かう342号沿いにある矢櫃ダム。小さな砂防ダムのようなものだがそこから流れ落ちる水が美しい

11.06.08栗駒山の山頂近くの須川湖のキャンプ場 夕方に現れた景色 オレンジに染まるのではなく青色に染まった東山魁夷の世界 静寂があたりを包んだ。

11.07.01奥飛騨と立山の間にある富山県の有峰湖。黒部ダムの隣のダム、ここに来るには有料の有峰林道を走ってくるしかないのだが冬季通行止めが長く一年にたった五か月しか入ることのできない無人の地域にある。湖面に雲が映る素晴らしい景色が見れた。

11.07.01立山の室堂 一般車通行止め立山駅からケーブルカー、バスを乗り継いで来る。雪が多いだけあり七月でもミクリガ池はこのような景色だった。
11.07.16長野県の佐久と群馬の下仁田をつなぐ国道254号の峠にある内山牧場キャンプ場 あたりをオレンジに染める景色には感激した。

11.08.12 糠平から層雲峡に向かう糠平街道の三国峠 糠平から原生林の中を30分以上走り続けてやっと見ることのできる原生林を渡る松見大橋。

11.11.12福島県の磐梯山の東側、米沢から桧原湖に向かう西吾妻スカイバレーの初冬、白い幹が美しかった。

11.12.17宮城県の伊豆沼はテレビで白鳥の飛来を放送するぐらい白鳥の越冬で有名だと聞いて見に行ってきた。ちょうど夕方だったので夕日が映る黄金の湖面が美しかった
  

11.12.17白鳥が飛来する宮城の伊豆沼、夕方だったので白鳥も湖に戻ってくる時間で夕日を背に飛ぶ白鳥の群れを見ることができた。

12.03.17秋田県の小安峡へ雪中温泉を楽しみに行ったとき皆瀬ダム湖に雪が積もり不思議な風景となっていた。

12.08.14北海道の北太平洋シーサイドラインを走っていると浜中の恵茶人沼の横に馬が放牧されているのを見た。なんともなのんびりした景色だと思った

12.08.17オホーツクラインを走って宗谷丘陵に向かうのに知来別を過ぎたあたりで道道1077に入り、道道889を走れば風車の間を走ることができる。日本とは思えない風景に感激。

12.08.17ベースキャンプにしたクッチャロ湖の夕日

12.08.18クッチャロ湖の朝

12.10.20 2013年の洪水で鉄道は不通となってしまったが鉄道ファンには有名な磐越線が走る福島の只見川。度々洪水を起こすとも思えない静かな水面だった。

12.10.27 自分まで黄色くなってしまったのではないかと思った圧巻の紅葉。滋賀草津道路から奥志賀を通って雑魚川林道で秋山号に入る途中の景色、足元から苗場の山の上まで黄色に紅葉しているのに夕日が当たりまさに黄金郷。

12.11.23山梨県の早川町の温泉に向かう南アルプス公園線 青崖のあたりの紅葉が見事だった。
12.12.23 東北の栗駒山の秋田側にある皆瀬ダム。そこの小さな島の冬景色、日本庭園のような景色だった。

13.02.09温泉探検にやってきた十和田湖、厳冬の季節ともなると真っ平らな雪原になっていた。
16.06.01 6月の八幡平は、新緑の新緑と針葉樹の深緑と雪の白が折り重なって素晴らしい配色となっていた。紅葉で有名なのだかこの季節も外せない。
岩手県 八幡平

13.06.14 有峰林道の折立連絡所から歩くこと13km、カルデラの入り口に立つ。ここからは一般人立ち入り禁止の危険地区なのだが舗装路から真下に山を見下ろしたのは初めての体験だった。
13.08.15宗谷丘陵で見た草を丸めたロールベールサイレージ 腐敗菌を防ぐため飼料となる牧草を発酵させるらしい。これが転がっているだけで日本じゃないような気がしてくる。

14.08.13糠平のタウシュベツ橋梁 糠平湖の水位が低く足元まで現れ草が生えていた。草の緑と湖面のブルーが美しかった。

13.08.15北海道、積丹半島の神威岬で見た積丹ブルー。まるで宝石のようだった。
14.09.13高知の四国カルストにやってきた。ここに来るときは早い目に来てのんびりするのが良い。夕方にはこのような美しい夕景が見れるかもしれない。

14.10.25岐阜の白川郷から飛騨に抜ける天生峠は、バイクで走るとそれほどとんでもない道でもないのだが通行止めが多くこれまで何度も行き損ねていた。初めて通れた峠の部分では紅葉が美しかった。
14.11.08断崖絶壁の渓谷を調べていると、日本三大渓谷なるものに、富山の黒部渓谷、新潟の清津峡 三重の大杉谷となっている。関西にそんなところがあるのかと出かけたら渓谷手前の橋からの眺めがまるで中国の秘境にみたいな景色だった。

14.11.23岡山の高梁でキャンプしようとしたらキャンプ場が閉鎖、仕方がなく訪れた弥高山のキャンプ場。受付をしていると朝早くから雲海を見にたくさんの人が集まると聞いて行ってみることにした。たまたま出会った景色だが素晴らしい雲海に見とれてしまった。
14.12.28スペインでフリヒレアナに行ったとき目の前を歩いていたカップルの服と町の色が妙になじんで思わず写真を撮ってしまった。
15.01.24和歌山の飛び地北山村に行ったとき、朝起きて散歩していると北山川に霧がかかり周辺が青緑の幻想的な色になっていた。

15.08.16北海道の函館近く東大沼キャンプ場でキャンプをしていた。前日の夜カップルが食事をしていた椅子をそのままにしていたので、朝起きると椅子が残されたことで何かの物語のような風景になった。
15.09.21青森の奥入瀬で苔のテーブルを発見 時間が止まっているような気がした。

15.10.10岐阜の白山の麓にある白水湖 温泉とキャンプを目当てに来たら美しい夕焼けに出会った。
16.02.13鹿児島の屋久島で防水の手袋も靴も意味をなさなくなる豪雨に見舞われた。地元の人は屋久島の洗礼だと言っていたが、神が宿っていそうな山々に見えたのは雨に打たれたせいかも。

16.04.30 島根県の隠岐の島諸島の西ノ島 摩天崖の景色には驚かされる、海まで250mもの崖なのだがあるのかないのかわからないような柵とそこに放牧されている牛や馬、落ちないのだろうか。
16.07.30四国カルストの鶴姫平キャンプ場 雲海の上のキャンプと派手なテントの色、チベットのラマ教の写真を思い出した。

16.07.30愛媛の面河渓 もしかしたら時間が止まっている?